【楽天】星野仙一元監督の「77」を永久欠番に…今季着用ユニホームの左胸裏に星ロゴ

2018年3月26日15時33分  スポーツ報知
  • 楽天ユニホームに刺しゅうされる77番のロゴ

 楽天は26日、今年1月4日(木)に70歳でなくなった星野仙一副会長が監督時代に付け、ファンからも親しまれた背番号「77」を、これまでの功績に敬意を表し、永久欠番とすることを正式に発表した。これまでも三木谷代表取締役会長兼オーナーや立花球団社長が永久欠番とする方向性を示していた。

 楽天の永久欠番は9人で行う野球の「10番目の選手」という意味でファンの番号とされる「10」はあるが、監督や選手が背負った番号で正式に認定されるのは初めて。2013年にチームを球団史上初の日本一に導いた闘将の代名詞「77」が楽天の歴史に刻まれる。

 また、今季着用するユニホームの左胸部分の裏に「77」のロゴをつけて戦うことも発表。本拠地開幕戦となる4月3日の日本ハム戦(楽天生命)では追悼試合として選手・スタッフ全員が背番号「77」をつけて戦う。

プロ野球
注目トピック