高木豊さんのパ・リーグ順位予想…「ソフトバンクが頭ひとつ抜けている」

2018年3月28日15時0分  スポーツ報知
  • 高木豊氏

 スポーツ報知の野球評論家・高木豊氏が30日に開幕する2018年のパ・リーグのペナントレースを予想した。

 <順位予想>

1ソフトバンク

2楽天

3西武

4オリックス

5ロッテ

6日本ハム

 ソフトバンクが頭ひとつ抜けている。打線には昨年からの戦力の上積みを感じないが、投手陣の層の厚さという点で他球団と大きな開きがある。キャンプで故障者が相次いだ捕手が唯一とも言える弱点だが、甲斐が順調に成長しており、安心して正捕手を任せられそうだ。

 楽天も先発投手陣の充実ぶりが目立つ。移籍2年目の岸は昨年以上の勝ち星が見込めるし、2年目の藤平もローテーションに加われば、安定した戦いができそうだ。

 西武は昨年、新人の源田が遊撃のポジションをつかむなど守備力が改善された。打線は元々力がある。ただ、いい打者がそろっているばかりに、個人の力に頼りがちなのが気がかりだ。ソフトバンクのように個人よりも組織力=打線のつながりを意識した戦いができれば、今年も上位争いに加わる。

 オリックスもAクラスに食い込む力がある。金子、西ら実績のある投手に田嶋ら若い力が加わり、投手陣は十分に計算が立つ。打線もマレーロ、ロメロの両外国人に吉田正ら主軸は上位にあげた3チームにひけをとらないし、宗ら若手も成長している。ただ、ここ数年、故障者が相次ぐなどシーズンを通して安定したチーム力を発揮できていないことが心配。好不調の波がなくなれば台風の目になれるはずだ。

 ロッテと日本ハムは上位4チームと少し差がある印象。ロッテは井口新監督の下で足を使った攻撃を展開できれば、昨年ほど大きく負け越すことはないだろう。

 日本ハムは、大谷のメジャー移籍に加え、鳴り物入りで入団した清宮が病気離脱したことで、チームの士気が下がっていないか心配だ。

プロ野球
注目トピック