Facebook
Twitter

【ソフトバンク】サファテ、右股関節の張りで米国帰国し再検査 出場選手登録抹消

2018年4月18日16時48分  スポーツ報知
  • 17日の練習中、トレーナーと話すサファテ(左)

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手(37)が出場選手登録を抹消された。17日の楽天戦(ヤフオクD)では下半身の不調を訴え、セーブシチュエーションでも登板を回避していた。7日の楽天戦(楽天生命)で右股関節に強い張りを感じ、その後も登板を続けていたが、回復しないため近日中に米国に帰国し再検査を受けることが決まった。「このまま投げると他のところにも支障をきたす。向こう(米国)でチェックしてもらう許可ももらった。1日も早くヤフオクドームのマウンドに戻ってきたい」と昨年のMVP右腕。再検査を受けるまでは全治などは不明だという。

 今月12日には昨年、最優秀中継ぎ賞を獲得した岩崎が右肘を手術。2年連続の日本一を目指すセットアッパー、守護神を欠く緊急事態となった。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ