【楽天】島内、右内腹斜筋損傷の診断

2018年4月20日21時56分  スポーツ報知
  • 19日のソフトバンク戦、9回1死二塁、ウィーラーの中前へ適時打で二塁から生還した島内(左)

 楽天・島内宏明外野手(28)が、20日に仙台市内の病院で「右内腹斜筋損傷、競技復帰まで4週間」と診断されたと発表した。

 島内はプロ7年目で初の4番に座った19日のソフトバンク戦(ヤフオクD)の9回にウィーラーの中前適時打で二塁から本塁に生還した際に右脇腹に痛みを訴え、20日に出場選手登録を抹消されていた。

 昨季はプロ6年目で初めて全試合に出場。今季も119日まで18試合連続で先発で起用されていた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)