【オリックス】宗、プロ1号は先頭打者弾!今季112打席目で待望の一発

2018年4月30日13時19分  スポーツ報知
  • 1回無死、宗(右)が中越えに先頭打者本塁打を放ち、田嶋(左)とハイタッチ(カメラ・保井 秀則)
  • 1回無死、宗が中越えに先頭打者本塁打を放つ(カメラ・保井 秀則)

 ◆オリックス―ソフトバンク(30日・京セラドーム大阪)

 オリックスの宗が、プロ1号となる初回先頭打者弾を放った。初回先頭、1ボールから中田の2球目、高めの141キロ直球をフルスイング。打球は、中堅右のスタンド中段に飛び込むプロ1号となった。

 「打ったのはストレートです。先頭ですし、なんとかランナーに出るために、しっかりとボールをとらえることを考えていました。チームに勢いが出る一番いい結果になってくれてよかったです!」。今季112打席目で1号。1番打者の1発でオリックスは初回に先取点をあげると、2死満塁でT―岡田が2点打を放ち、打線はこの回3得点を挙げた。

 宗は、オープン戦では2試合連続で初回先頭打者弾を放つなど4発をマークしていた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)