【西武】元広島のBC富山・ヒース投手を獲得、先発&リリーフできる大型右腕

2018年5月10日13時35分  スポーツ報知
  • 広島時代のヒース

 西武は10日、14年から2年間、広島でプレーした経験もある、BC富山のデュアンテ・ヒース投手(32)の獲得を発表した。

 193センチ、108キロの大型右腕。先発、リリーフとどちらも経験は豊富だ。

 14年途中に広島に加入すると、7試合に先発し3勝0敗、防御率は2・38の功績を残した。15年はリリーフとして43試合に登板。3勝6敗4セーブ10ホールドをマークし、防御率は2・36。今季からはBC富山でクローザーとして活躍し、ここまで7試合で1勝0敗4セーブ、防御率0・00だった。

 渡辺久信シニアディレクター(SD)兼編成部長(52)は「彼の経験値から(先発、リリーフと)どちらもできる。1か月半終わって、戦力的に足りないピースを獲得した」と説明した。

 また富山は10日、3年ぶりのNPB復帰を前に、13日のホーム・滋賀戦(13時、県営富山)で、ファンにあいさつすると発表した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ