【阪神】板山、昇格即先発でプロ初アーチ

2018年5月12日19時14分  スポーツ報知
  • 5回無死、板山は左越えソロ本塁打を放つ(カメラ・義村 治子)

 ◆広島6―1阪神(12日・マツダスタジアム)

 阪神・板山祐太郎外野手(24)が、昇格即先発起用に、プロ初アーチで応えた。

 今季初めて1軍に合流したプロ3年目は「6番・二塁」で先発出場。5回の第2打席で、大瀬良の直球を捉え、左翼席に1号ソロ。「うれしいというより、あの時はゲームに入っていたので…。忘れられない1本になりました」。チームの連敗を止めることはできなかったが、記念の本塁打となった。

 金本監督も若虎の一撃に「ファームでちゃんとやってたんでしょう。調子がいいから上げた」と評価。2軍では4番を打ち、チームトップの2割8分5厘。好調を維持し、1軍への切符をつかんだ。

プロ野球
注目トピック