【ソフトバンク】内川、打撲で今季初スタメン落ち…工藤監督「様子を見ながら」

2018年5月16日18時42分  スポーツ報知
  • 15日の楽天戦。3回にファウルが左足に当たり、3回裏の途中で交代した内川

 ◆楽天―ソフトバンク(16日・楽天生命パーク)

 ソフトバンク・内川聖一内野手(35)が今季36試合目で初めてスタメン落ちした。

 15日の楽天戦(楽天生命)の3回の打席で左足くるぶし付近に自打球を当て、その裏の守備中に交代。仙台市内の病院で、左けい骨内果打撲と診断されていた。

 この日、球場入りしたが試合前練習には参加しなかった。「痛みもあるだろうし、今日は休み。様子をみながらですね」と工藤監督は話した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)