【楽天】岸、20イニング連続無失点継続中 20日ソフトバンク戦先発で自己新だ

2018年5月17日7時0分  スポーツ報知
  • キャッチボールで調整する楽天・岸

 楽天の岸孝之投手(33)は16日、無失点記録の継続に意欲を見せた。ここまで6試合に先発し、3勝1敗、防御率はリーグトップの1・60。現在、4月25日のロッテ戦(楽天生命)の4回から、20イニング連続無失点を継続中だ。自らの連続イニング無失点記録は、西武時代の2012年に開幕からマークした20回1/3。先発する17日のソフトバンク戦(楽天生命)で、自己新に挑む。

 前回8日のロッテ戦(楽天生命)から中8日。疲労などを考慮され、間隔が空いた右腕は「回復できたかは分からないけど、(状態は)普通です。いつも通りです」と淡々。それでも、連続無失点については「取られたくない。なるべくならゼロで。投げるときは全部完投したい」と意欲をにじませた。

 今季、ソフトバンクとの対戦は4月17日(ヤフオクD)の1度。3本の本塁打を浴び、8回7安打5失点(自責4)で、今季唯一の黒星を喫した。「球場も違うし、反省はしているので、気をつけてそのときそのとき、やれることをできたらいいかなと思います」と静かに話した右腕。昨季の日本一チームを相手に自己記録を更新し、チームに白星をもたらす。(山口 泰史)

プロ野球
注目トピック