Facebook
Twitter

【ソフトバンク】柳田、猛打で20戦連続安打…自己最長タイに王手

2018年5月17日6時36分  スポーツ報知
  • 5回無死、左前安打を放つ柳田

 柳田がいとも簡単に“大台”に乗せた。初回1死二塁で鋭く右前に運び一、三塁と好機を拡大し、デスパイネの先制犠飛を呼んだ。自身初のサイクル安打をマークした4月21日の日本ハム戦(札幌D)から始まった連続試合安打は20試合。昨年、記録した自己最長の21試合に王手をかけた。

 「勝てて良かった」。何よりもチームの勝利を喜んだ和製大砲の勢いは加速するばかり。今季4度目の猛打賞をマークし、5月は打率4割3分9厘、5本塁打、12打点。今季の打率3割8分7厘でリーグトップを快走中だ。「(連続試合安打は)いつかは途切れる。打ち続けられればいいけど、打てなくても次の日に1本打てばいい」と数字は気にも留めていない。

 ともに今季最多タイとなる17安打、12得点で爆勝。柳田に引っ張られるように打線も4試合連続2ケタ安打と上向きだ。首位・西武とは2・5差。獅子を視界に捉えたタカが一気に首位を奪取する。(戸田 和彦)

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ