【楽天】顔面に打球直撃の戸村、「右下顎角骨折、競技復帰まで3~4か月」と診断

2018年5月23日19時15分  スポーツ報知
  • 8回から登板した戸村(中央)は西野の打球を受け倒れ込む。左は捕手・嶋(カメラ・頓所 美代子)

 ◆楽天2―5オリックス(23日・楽天生命パーク)

 楽天は23日、22日のオリックス戦(楽天生命)で右顎に打球が直撃した戸村健次投手(30)が、「右下顎角骨折、競技復帰まで3~4か月」と診断されたことを発表した。今後の経過次第では手術を受ける可能性もあるという。

 22日に8回に3番手でマウンドに上がった戸村は、西野のライナー性の強烈な打球が右顎付近を直撃。マウンドでうずくまって動くことが出来ず、約4分後に担架に乗せられてベンチ裏に運ばれた。その後救急車で仙台市内の病院へ搬送された。

 22日には骨には異常がないと診断されていたがこの日、再び仙台市内の病院で精密検査を受けて、骨折が判明した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)