【中日】公式球にスペルミスで急遽差し替え…「I」欠けて「CHUNCHI」に

2018年5月31日18時51分  スポーツ報知
  • 29、30日の中日ーオリックス戦で使用された公式球。中日ロゴのスペルミスが発覚したため、31日の同カードでは使用されなかった

 ◆日本生命セ・パ交流戦 中日―オリックス(31日・ナゴヤドーム)

 29、30日の中日―オリックス戦で使用された公式球にロゴのスペルミスが見つかり、31日の同カードでは使用されなかった。

 発覚したのは30日の夜。その日の試合で勝利投手になったオリックス・金子千尋投手(34)が、自身のインスタグラムにウィニングボールをアップしたことで、ファンから「中日のロゴのスペルに間違いがあるのでは」との指摘が相次いだ。画像のように、本来は「CHUNICHI」であるべきところ、「CHUNCHI」と1つめの「I」が欠けていた。

 球団はその日のうちにミスを把握。残りのボールは使用せず、別のボールに差し替えて31日の試合に対応した。関係者によると、ロゴを製作したメーカー側のミスという。

 2012年頃には、田島のビジターユニホームだけ、胸のロゴが「CHUNCHI」になっていたが、意外に誰も気づかなかったこともあった。今年の球団スローガンは「原点回帰 Dragons愛!」。“アイ”がなくなるのはマズかったようだ。

プロ野球
注目トピック