【オリックス】5回、4者連続適時打で4点!大城、ロメロ、吉田正、西野で逆転

2018年6月13日20時30分  スポーツ報知
  • 5回1死一、三塁、勝ち越し適時打を放つロメロ

 ◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス―広島(13日・京セラドーム大阪)

 オリックスは5回、4者連続タイムリーで4得点をあげ逆転に成功した。

 1点を追う5回。2四球で1死一、二塁の好機を作ると、大城が右前へ同点適時打。次打者・ロメロも勝ち越しとなる右前適時打を決めると、吉田正、西野も連続適時打で続き一挙4得点で8―5とし、試合をひっくり返した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)