【西武】初登板初勝利の今井、反省示した寮食堂の掃除

2018年6月14日6時0分  スポーツ報知
  • プロ入り初勝利の今井(右)の目頭をからかって抑える辻監督(カメラ・佐々木 清勝)

 ◆日本生命セ・パ交流戦 西武7―4ヤクルト(13日・メットライフドーム)

 西武の16年ドラフト1位右腕・今井が6回5安打1失点と好投し、チームでは99年の松坂(現中日)以来、プロ初登板初先発勝利を飾った。最速152キロの直球を武器に好調・ヤクルト打線を封じてチームの連敗を3で止めた。今年、まだ19歳だった1月下旬に喫煙していたことが2月に発覚し、球団から対外試合の出場停止処分を受けた。期待を裏切った甲子園優勝投手が、結果で存在感を示した。

 1軍開幕前の3月。首脳陣と1軍選手は毎年恒例、所沢市・狭山不動尊で必勝祈願を行った。開幕2軍スタートだった今井の姿はなかったが、絵馬には反省の意を込めて「“習慣”“環境”」と記した。

 言葉通りに行動を起こした。寮暮らしで、夕飯の時間は18時半から。それでも18時開始の1軍戦がある日には、試合開始から食堂のテレビで試合を見て勉強した。11日の先発投手練習後には、先輩たちとのロッカールームでの食後、お皿を全員分洗い、机に残る米粒一つも残さず掃除した。

 犯した過ちは、取り消せない。「これからも壁にぶち当たる時はある。どう切り替えるかがポイントだと思う」。今井は現実をしっかりと受け止め、行動と結果で示していく覚悟だ。(圭)

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)