【西武】今井の初登板1勝に両親もジ~ン「ステキな息子だなと思います」

2018年6月14日6時0分  スポーツ報知
  • 両親(父・一也さん、母・江利子さん)にウィニングボールを渡す今井(中)

 ◆日本生命セ・パ交流戦 西武7―4ヤクルト(13日・メットライフドーム)

 西武の16年ドラフト1位右腕・今井が6回5安打1失点と好投し、チームでは99年の松坂(現中日)以来、プロ初登板初先発勝利を飾った。最速152キロの直球を武器に好調・ヤクルト打線を封じてチームの連敗を3で止めた。今年、まだ19歳だった1月下旬に喫煙していたことが2月に発覚し、球団から対外試合の出場停止処分を受けた。期待を裏切った甲子園優勝投手が、結果で存在感を示した。

 客席からは父・一也さん(50)と母・江利子さん(47)、作新学院の同期が声援を送った。一也さんは「周囲のおかげで成長させてもらった。ウィニングボールはずっしりきました」。江利子さんは「ちょっと前まで迷惑をかけていたので、その思いもあって恩返ししたかったと思う。ステキな息子だなと思います」と涙。今井は「いいプレゼントになったかな。まだ1勝目。これからもっと勝って恩返ししたい」と笑顔で言った。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)