【阪神】新外国人ナバーロが入団会見「自分が持っているものを最大限に出したい」

2018年6月17日14時6分  スポーツ報知
  • 入団会見で笑顔をみせるナバーロ

 阪神の新外国人、エフレン・ナバーロ内野手(32)=カブス傘下3A、183センチ、95キロ、左投左打=が17日、西宮市内で入団会見を行った。年俸30万ドル(3300万円)の1年契約で合意し、背番号は99に決定。前日16日に来日したばかりの新助っ人は「オハヨウゴザイマス」とまず日本語であいさつした。

 3Aでは今季48試合で打率3割1分、4本塁打、29打点の成績を残し、WBCではメキシコ代表として1番打者も経験。本職の一塁に加え、左翼も守れる万能型だ。阪神で長く活躍したマートンとも深い親交あるという、貧打解消の救世主。「毎試合しっかり準備をして、ファンやチームメートのために、自分が持っているものを最大限に出したい」と決意表明した。

プロ野球
注目トピック