【ロッテ】習志野“美爆音”効果も 観客動員118%増

2018年6月21日14時25分  スポーツ報知
  • 観客動員の伸びが著しいZOZOマリンスタジアム

 ロッテは21日、交流戦終了時点の主催32試合での観客動員が計71万961人(1試合平均2万2217人)となり、昨年同試合比で118%となったと発表した。

 昨年32試合終了時点と比較し、10万5949人増、1試合平均3310人増。6月14日のDeNA戦(ZOZO)では全国屈指の実力で知られる習志野高吹奏楽部と応援団による“コラボ応援”が行われ、平日ながら満員となった。昨季と比べてチームが好調であることに加え、企画の成功なども観客動員の伸びにつながったようだ。

 チケット担当者は「7月には夏のイベント『幕張サマースタジアム』も行われ注目を集めていますし、例年にない盛り上がりを見せることが予想されています」と今後にも期待を寄せた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ