【オリックス】吉田正、走塁で右足首負傷 病院に直行

2018年6月21日21時19分  スポーツ報知
  • 8回2死二塁、勝ち越しの右越え適時三塁打で足を痛めた吉田正(中央)は抱えられベンチに戻る

 ◆日本生命セ・パ交流戦 阪神―オリックス(21日・甲子園)

 オリックスの吉田正尚外野手(24)が21日、阪神戦(甲子園)の8回、一時勝ち越しの三塁打を放ったが、走塁の際に右足首を負傷。試合中に、車いすで病院に直行した。

 同点に追いついた8回2死三塁。右越えの三塁打を放ち、一時勝ち越し点をあげたが、三塁を周り帰塁するため切り返した際に右足首を負傷したと見られる。

 吉田正はこの安打で交流戦打率を3割9分7厘とし、日本ハム・近藤を抜き、交流戦3位に浮上したが、負傷交代を余儀なくされた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)