【DeNA】Dバックス自由契約の左腕・中後獲りへ

2018年6月23日5時0分  スポーツ報知
  • ロッテ時代の中後(12年撮影)

 DeNAがダイヤモンドバックス傘下2Aジャクソンを自由契約となった中後悠平投手(28)の獲得へ乗り出していることが22日、分かった。

 20年ぶりの優勝を狙うDeNAが、鋭いスライダーが武器の中継ぎサイド左腕に白羽の矢を立てた。中後は今季、2Aで24試合に救援登板し、1勝1敗で防御率は5・29。18日付で自由契約になった。米球界関係者によると近日中にも帰国し、DeNAの入団テストを受ける予定になっているという。非公開で行われるテストで状態に問題がなければ獲得することになりそうだ。

 DeNAは昨オフも変則左腕の獲得に興味を示すなど動向に注目していた。今季、中継ぎ左腕は砂田がチーム最多の32試合、エスコバーが同2位の31試合と登板過多だけに、中後が加入すれば負担を軽減できる。

 中後はロッテを戦力外となり、米国挑戦3年目だが、メジャーに昇格できていない。本人も周囲には今年が最後のチャレンジと話すなど、日本球界復帰も視野に入れている。

 ◆中後 悠平(なかうしろ・ゆうへい)1989年9月17日、大阪府生まれ。28歳。近大付新宮高から近大を経て11年ドラフト2位でロッテ入団。NPB4年間で37試合に登板し2勝2敗、防御率5・68。15年オフに自由契約となりBCリーグ武蔵に入団したが、米ダイヤモンドバックスからのオファーで16年3月にマイナー契約。183センチ、72キロ。左投左打。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)