【フレッシュ球宴】西武ドラ1・斉藤が1回2K「スライダーの精度上げたい」

2018年7月12日20時16分  スポーツ報知

 ◆フレッシュオールスターゲーム2018 ウエスタン選抜―イースタン選抜(12日・弘前)

 イースタン選抜の西武・ドラフト1位左腕の斉藤大将投手(23)が5回からマウンドに上がり、1イニングを打者3人で無失点(2奪三振)に切り抜けた。

 登板後、斉藤大は「後半戦に向けていいきっかけをつかむためにこの舞台に立っているんだ、と思って投げました。3者連続三振を狙いましたが、出来ませんでしたね。でも、ストレートを中心の投球で2つ三振を奪うことができたのは収穫でした。これからはストレートもですが、しっかり空振りを取れるようにスライダーの精度を上げ、前進し続けていきたいです」と充実した表情で振り返った。

プロ野球
注目トピック