殿堂入りの阪神・金本監督「ファンが見たがる選手をつくっていきたい」

2018年7月14日6時0分  スポーツ報知
  • 阪神・金本知憲監督の殿堂レリーフ

 今年1月にエキスパート表彰で殿堂入りした巨人前監督の原辰徳氏(59)、プレーヤー表彰で野球殿堂入りした元巨人、ヤンキースの松井秀喜氏(44)、阪神・金本知憲監督(50)の表彰式が13日、京セラDでオールスター戦の試合前に行われた。巨人を指揮して3度の日本一に輝いた原氏は、大観衆に祝福され、改めて栄誉の喜びを表した。

 首をすぼめるように、金本監督が照れ隠しした。「松井秀喜選手と原監督に挟まれ、タイガースの選手としての表彰で心苦しかったんですけど…」。ブロンズ製のレリーフに初めて触れ「実感あるね。重たいし」と感慨に浸った。

 松井氏とともに、プレーヤー表彰から候補入り1年目で殿堂入り。1960年のスタルヒン氏、94年の王貞治氏ら過去に4人しかいなかった名誉だ。表彰式の前には松井氏と会話。「大変ですか?」と監督業を気遣われ、「打てんから大変よ…」と冗談交じりに返した。1492試合連続フルイニング出場の世界記録は誰もが知るところ。「ファンが見たがるような。その選手が回るころにはチャンネルを変えるような。そういう選手をつくっていきたいと思うし、なってほしい」と決意を新たにした。

 中学2年で初めて買ってもらったグラブは原さんモデル。同じ場所で拍手を浴びたのも何かの縁だろう。「タイガースの監督という厳しい環境の下、指揮を執らせてもらっています。野球界の発展のために尽力していきたいと思います」。13年ぶりの優勝を目指す後半戦へ、確かな力になったはずだ。

 ◆金本 知憲(かねもと・ともあき)1968年4月3日、広島市生まれ。50歳。広陵高から東北福祉大を経て、91年ドラフト4位で広島入り。2002年オフにFAで阪神移籍。03、05年のリーグ優勝に貢献した。04年に打点王、05年はMVP。12年に現役引退し、15年10月に第33代阪神監督に就任。現役通算2578試合、打率2割8分5厘、476本塁打、1521打点。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ