【日本ハム】2軍で「仮面ライダー555」半田健人がファーストピッチ

2018年7月16日17時16分  スポーツ報知
  • 千葉・鎌ケ谷スタジアムで行われた日本ハム―楽天戦で始球式を務めた、俳優の半田健人

 日本ハムの2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで行なわれた7月16日のイースタン・リーグ公式戦、楽天戦のファーストピッチセレモニーを03年1月から04年1月にかけて放送された『仮面ライダー555』(ファイズ)の主演、乾巧(いぬい・たくみ)役を演じた俳優、半田健人(34)が務めた。

 海の日に誕生日を迎える球団マスコット「C☆B(愛称:カビー)」のバースデー祝いにかけつけてのもので、自身初めてというマウンドでの投球では惜しくもノーバウンドとはいかず、ワンバウンドで捕手・黒羽根のミットに納まった。半田は「マウンドに上がったのは初めて。今まで野球は中継でしか見たことはなかったけど、実際にあそこに立って見て、凄い距離感を感じたし、野球選手はあの距離を、しかもビシビシと投げ込むんだから改めて凄いなあ、と思いました。30(才)過ぎて言うのもなんだけど、もっと練習しなきゃ、と思いましたね」と降板後は苦笑いだった。

 同セレモニーでは主審のコール役を務めた謎のキャラクター「DJチャス。」は、「半田さんの悔しそうな顔を見て、こりゃ、もう一回来場してもらわないといけないかもね。今度は一時間くらいじっくり時間をかけて練習してもらいます」と早くもリベンジ機会を示唆していた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)