中村紀洋氏、ZOZO前澤社長の球団運営に協力名乗り「僕が貢献できる事があれば」

2018年7月17日14時21分  スポーツ報知
  • 中村紀洋氏

 プロ野球近鉄などで内野手としてプレーし、ノリの愛称で親しまれてきた中村紀洋氏(44)が17日、プロ野球球団運営への意欲を示した株式会社スタートトゥデイの前澤友作社長(42)へ「僕が貢献で来る事があれば嬉しい」とツイッター上でメッセージを送り、協力を名乗り出た。

 前澤氏はこの日、自身のツイッターで「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい。シーズン終了後に球界へ提案するためのプランを作ります」と宣言した。

 中村氏は前澤氏のこの投稿にリプライ(返信)。「僕も野球界への恩返し、日本の未来を担う子供達の夢の架け橋と、プロ野球OBを集め野球を通じて日本の未来が更に明るく元気になる事をしたいと思っています」とし、「皆で作るZOZO球団に僕が貢献できる事があれば嬉しいです」と記した。

 中村氏のメッセージに前澤氏も早速反応し、「心強いです。ありがとうございます」とツイッターで感謝した。

プロ野球
注目トピック