【ヤクルト】雄平、代打で6打席連続安打の球団新記録!

2018年7月17日23時6分  スポーツ報知
  • 8回2死三塁、右前適時打を放つ雄平

 ◆DeNA0―6ヤクルト(17日・横浜)

 ヤクルトの雄平外野手(34)が、8回に代打で登場して右前適時打。代打で6打席連続安打の球団新記録をマークした。

 相手先発が左腕の浜口だったこともあってベンチスタートだった雄平は、3番手のサイド右腕・加賀が登板した8回、2点をあげてさらに2死三塁の場面で代打で起用され、ダメ押しの6点目となる適時打を放った。「1打席で1安打打つのは大変」と、代打の難しさを語るベテランは、球団新記録と知らされると「それはうれしいですね」と笑顔を見せた。

 代打で6打席連続安打は、球団新と同時に、80年の大洋・松原ら過去6人がマークしているセ・リーグタイ記録(松原は四球を挟んで7打数連続安打)。プロ野球記録は2003年にロッテ・初芝がマークした7打席連続安打。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)