【日本ハム】後半戦開幕カード負け越し、栗山監督「全ては監督の能力がない」

2018年7月18日22時0分  スポーツ報知
  • 7回、交代を告げる栗山監督

 ◆オリックス3―2日本ハム(18日・京セラドーム大阪)

 日本ハムは、打線が2試合連続で3安打に抑えられ、後半戦開幕カードを負け越した。

 先発の村田が2回に1点を先行されたが、4回に横尾、石川亮の連続適時打で一時逆転に成功した。だが村田が6回に吉田正に同点適時二塁打を浴びて降板すると、2番手・井口も流れを止めきれず1死三塁から安達に決勝の左犠飛を許した。

 打線は4回以降無安打に抑えられ、出塁も6回のレアードの四球のみで二塁すら踏めなかった。オリックス投手陣に2試合続けて封じられ、首位・西武とのゲーム差は2・5に開いた。栗山監督は「全ては監督の能力がない」とかばった。

 日本ハム・村田(右腕打撲から約1か月ぶりの復帰登板。5回0/3を投げて6安打3失点で2敗目)「久しぶりの登板でしたが、最低でも6回は投げ切りたかったです。序盤はボールも低めに集まり要所、要所を抑えることはできした。ただ6回は高めに浮いたところをとらえられてしまいました」

プロ野球
注目トピック