【日本ハム】タカキラー上沢、9勝目で自己最多更新

2018年7月20日23時19分  スポーツ報知
  • 日本ハム先発の上沢

 ◆日本ハム6―5ソフトバンク(20日・札幌ドーム)

 日本ハムの上沢が自己最多を更新する9勝目を挙げた。7回途中5失点と冷や冷やながら、今季ソフトバンク戦4戦全勝とタカキラーぶりを発揮。初の2桁勝利まであと1勝に迫った。

 苦笑いするしかなった。「こんなピッチングで勝てると思ってなかった。僕は今日なにもしていないです」。試合前まで、今季3試合で防御率0・38と抑え込んでいたタカ打線にいきなり捕まった。初回に4連打に味方の失策も絡み、3失点。2回にも追加点を許した。

 ここで崩れないのが今季の上沢。渡辺の2打席連発弾などで3回に逆転に成功すると、ここから抜群の修正力を発揮した。「調子は悪くなかったんですけど。バッターから見たら、速く感じないのかなと思って。間をずらすようにしました」。ボールを少しだけ長く持つ様にし、リリースポイントを調整。3回以降立ち直り、7回に今宮にソロ本塁打を浴びて降板するまでリードを守り抜いた。

 鹿児島・徳之島で一緒に自主トレした渡辺には「僕自身助かる2発。感謝しています」と援護弾ににこり。初の2桁勝利に向けて「次は気持ちよく、胸を張って勝てるようにしたいですね」と次回の登板を見据えた。

プロ野球
注目トピック