【楽天】17日から、球界初「VRホームランチャレンジ」オープン

2018年8月13日12時30分  スポーツ報知

 楽天は13日、17日のロッテ戦(楽天生命)から、本拠地・楽天生命パークの一塁側外周で、球界初となる「楽天イーグルスVRホームランチャレンジ」をオープンすることを発表した。試合開始2時間前から試合終了30分後まで、1プレー(5球)500円で、小学生以上を対象に体験できる。

 「楽天イーグルスVRホームランチャレンジ」では、VR技術を用いて、楽天の投手が投げるボールを再現。ヘッドマウントディスプレイを装着し、実際のバッターボックスにいるかのような感覚を体験できる。本物のプロ野球選手の投球データを用いたVRバッティングアトラクションの設置は球界初。ヘッドマウントディスプレイと、日本野球機構公示の支配下登録選手の実投球データを用いた設置型アミューズメント機器で松井、岸、則本、藤平、高梨の5投手と対戦することができる。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ