【楽天】自力CS消滅阻止へ、ウィーラー同点打

2018年8月16日20時1分  スポーツ報知

 ◆ソフトバンク―楽天(16日、ヤフオクD)

 負ければ自力でのCS進出の可能性が消滅する、パ・リーグ最下位の楽天は、1点を追う5回にゼラス・ウィーラー内野手(31)の中前適時打で同点に追いついた。

 0―1の5回。「8番・指名打者」で先発したウィーラーは2死二塁から、ソフトバンク先発・武田の137キロ外角のスライダーに食らいついて、中前適時打とした。20打席ぶりの安打が、6試合ぶりの打点となり「打ったのスライダーだね。藤平が頑張っているからね。ランナーを返そうという気持ちが強かったよ」と淡々と振り返った。

 自力CS進出消滅阻止へ、流れに乗りたい楽天だったが、続く5回裏に先発・藤平が、先頭の今宮に左翼ポール際へ5号ソロを浴びて再び勝ち越しを許した。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)