【広島】後半戦初のカード負け越し 優勝マジックは32のまま

2018年8月16日22時55分  スポーツ報知
  • 8回、勝ち越しを許したフランスア

 ◆阪神3―2広島(16日・京セラドーム大阪)

 広島が阪神との接戦に敗れ、後半戦初のカード負け越しを喫した。

 2―2の8回からマウンドに上がった育成出身の左腕・フランスアが誤算だった。先頭打者に内野安打を許すと、次打者の投犠打を一塁へ悪送球。自らピンチを広げ、無死満塁から阪神・大山に決勝打を浴びた。

 3連覇への優勝マジックは32のまま。無言を貫いた左腕に、緒方監督は「負けるべくして、こういう結果になった。接戦のゲームは、ミスが出たらものにできない」と苦言を呈した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ