【西武】秋山が15本目の先頭打者弾 中村は2戦連発

2018年8月18日19時7分  スポーツ報知
  • 1回無死、17号先頭打者本塁打を放った秋山
  • 2回1死一塁、21号2ランを放ちナインに迎えられる中村 

 ◆西武―日本ハム(18日・メットライフドーム)

 西武の秋山翔吾外野手(30)が今季4度目、通算15本目の初回先頭打者弾となる17号ソロを放った。

 試合前まで防御率2・69を誇る上沢のカウント1―1からの3球目。外角高めのボール球を強振し左翼席へ運び、「積極的に攻めていきました」と振り返った。

 2回には中村剛也内野手(35)が2戦連発となる21号2ランを放ち、これで球宴明け27戦で16発と驚異のハイペースで量産し続けている。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)