【日本ハム】ダブルリクエストも実らず逆転負け 栗山監督「監督の責任」

2018年8月18日23時41分  スポーツ報知

 ◆西武7―6日本ハム(18日・メットライフドーム)

 日本ハムは、首位・西武に逆転負けを喫し、ゲーム差は再び5・5に開いた。

 終盤の拙攻が響いた。2点リードの7回無死一、二塁、8回1死満塁の好機でともに無得点。8回1死満塁では近藤の二ゴロ併殺打の判定に対して、栗山監督は二塁と一塁の両方の判定に対してリクエストを要求した。だがリプレー検証の結果、判定通り二ゴロ併殺が認められ、流れが西武側へと傾いた。

 直後の8回からは勝ちパターンのトンキンがマウンドに上がったが、1死から安打と2四球で満塁とピンチを広げ、この回3点を失って逆転を許した。試合後、“ダブルリクエスト”を要求した場面について、指揮官は「やるべきことをやり尽くすしかないので」と話し、「こうやって勝ちきれないのは、誰が悪いということではなく、監督の責任」と唇をかんだ。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)