【楽天】ドラ1・近藤、1軍マウンドに手応え 初勝利は「いずれついてくると思う」

2018年8月20日6時0分  スポーツ報知
  • 18日のロッテ戦で好投した近藤は、次の登板に備えての練習を終えファンのサイン攻めにあう

 楽天のドラフト1位・近藤弘樹投手(23)が19日、1軍マウンドでの手応えを明かした。18日のロッテ戦(楽天生命)に先発し、6回3安打1失点と好投。勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。結果的にプロ初勝利はならなかったが、MAX149キロの直球を軸に安定感のある投球を見せた右腕に聞いた。

 ―登板後は、映像などで投球を確認した?

 「見ました。中盤、ストレートがシュート回転していた。(4回2死三塁から中前適時打を許した)井上さんも、詰まらせてるけど、シュート回転しているから(打球が)飛んでいってしまう。そこは課題だし、もったいなかったなと思います」

 ―シュート回転の原因はどこにあった?

 「腕の出方によって、シュート回転することがある。そういうのは、なくしていけたら」

 ―逆に成長してるなと感じた部分は?

 「真っすぐで押せるようになったところですね。春は打たれていたので。MAXのパワーで投げてないボールでも、ファウルが取れたり、カウントが取れるようになったと思います」

 ―次回こそはプロ初勝利という気持ち?

 「初勝利はちゃんとやっていれば、いずれついてくると思う。あまり望みすぎずに、やっていきたい」

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ