【日本ハム】2夜連続の逆転負け 首位・西武とのゲーム差は今季最大6・5に

2018年8月19日22時36分  スポーツ報知

 ◆西武7―4日本ハム(19日・メットライフドーム)

 日本ハムは、西武に試合終盤に逆転を許して首位攻防3連戦に負け越した。

 同点の6回に鶴岡、渡辺の連続適時打で2点を勝ち越したが、先発のマルティネスが7回につかまった。無死一、二塁から金子侑に三塁線を破られる適時打を許して1点差とされ、2番手・公文にスイッチ。だが、公文は秋山に四球を与えて無死満塁とピンチを広げ、1死後、浅村に左越えの逆転満塁弾を被弾した。

 前日18日の同戦は2点差の8回に3点を奪われて逆転負け。この日も試合終盤に西武打線の底力を見せつけられた。首位とのゲーム差は今季最大の6・5差に開き、3位・ソフトバンクとは2・5差。栗山監督は「結果的にやられている。これからしっかりと勝ちきれるようにやっていきます」と唇をかんだ。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)