【オリックス】連続イニング無得点は36でストップ 若月が先制三塁打 

2018年9月12日20時32分  スポーツ報知
  • 4回2死二塁、若月が右中間適時三塁打

 ◆オリックス―西武(12日・ほっともっと神戸)

 ほっと神戸での今季最終戦。4回2死二塁で若月が右越えタイムリー三塁打を放ち先取点をあげた。チームにとって、7日のソフトバンク戦(ヤフオクD)の3回以来、37イニングぶりの得点となった。

 先取点をあげるのは、2日の西武戦(京セラD)以来7試合ぶり。若月は自身のタイムリーについて「(先発の)東明さんもがんばっていますし、“なんとか1点”という気持ちを全員が持っています。とにかく1点取ることができてよかった」とコメントした。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)