【楽天】柳田に6打席連続安打を被打…平石監督代行「ちょっといいようにやられすぎ」

2018年9月12日22時6分  スポーツ報知
  • 5回1死一、三塁、交代を告げられ、マウンドでガックリの辛島。左は銀次、右は内田(カメラ・関口 俊明)

 ◆楽天2―13ソフトバンク(12日・楽天生命パーク)

 楽天はソフトバンクの4番・柳田に前夜の11日から6打席連続安打を許した。11日の最終打席で右越え本塁打を被弾。12日は1打席目に先制の右前適時打を打たれると、4回にはソロを浴びるなど5打席連続安打を許した。

 リーグトップ打率3割6分、同2位の34本塁打を誇る強打者に格の違いを見せつけられた楽天。この試合が今季のソフトバンク戦は最終戦となったが平石監督代行は「ちょっといいようにやられすぎましたね」と完敗を認めた。

 森山投手コーチも「同じ打者にやられるのは情けない。いい打者だからもっと厳しく攻めないといけない。普通に攻めていて抑えられる打者ではない」と柳田の実力に脱帽していた。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)