【ロッテ】1死一塁からフェン直なのに試合終了…W走塁ミスに井口監督「プロとして恥ずかしい」

2018年9月18日23時10分  スポーツ報知
  • 雨の中で指揮を執るロッテ・井口監督

 ◆ロッテ2―4ソフトバンク(18日・ZOZOマリン)

 激しい雨が降る中、ロッテが逆転負けで5連敗を喫した。痛恨のシーンは9回1死一塁。角中があわや同点弾という右翼フェンス直撃の打球を放ったが、2つの走塁死でゲームセットとなるお粗末な結末だった。

 打者走者の角中は二塁へ向かったが、一塁走者の中村が二塁塁上でストップしており、一、二塁間に挟まれてアウト。さらに角中が挟まれている間に三塁へ向かった中村も三塁手前でアウトになった。

 一塁走者の中村は本来、悠々と三塁に到達するケースだが、「(右翼手が)捕ると思っていた」と判断ミス。通常ならば同点のチャンスが拡大する場面だっただけに、井口監督は「プロとして恥ずかしいプレー。選手ができないのは我々の責任。いろいろ言われるチームじゃ去年と一緒」と引き締めの必要性を口にした。

プロ野球
注目トピック