【阪神】西岡、21日広島戦から1軍合流

2018年9月21日10時50分  スポーツ報知

 阪神・西岡剛内野手(34)が21日の広島戦(マツダ)から1軍に合流することになった。ウエスタン優勝のかかったソフトバンク戦(甲子園)の試合前練習に姿はなく、1軍の試合が行われる広島へ向かった。檜山進次郎が持つ球団のシーズン代打安打記録にあと「1」と迫っていた原口文仁捕手(26)にアクシデントがあったとみられ、5月18日に1軍登録を抹消されて以来の昇格となる。

 西岡は16年7月に負った左アキレス腱断裂の重傷を克服しながら、昨季は32試合の出場。復活をかけた今季は開幕1軍で迎えたが、18試合の出場にとどまり打率1割5分2厘と思うような成績が残せていなかった。ウエスタンでは39試合に出場し、打率は2割5分6厘。最下位に沈むチームの起爆剤として期待がかかる。

プロ野球
注目トピック