【西武】山川、逆転43号3ランで貯金30&マジック7 福浦のお祝いムードを打ち消す

2018年9月23日7時0分  スポーツ報知

 ◆ロッテ3―5西武(22日・ZOZOマリン)

 福浦のお祝い一色だった空気に、山川が強烈なアーチをぶち込んだ。2000安打から勝ち越された直後、1点を追う9回2死一、二塁。「完全あっちのムード。アウェー感しかなかった」。それでも4番は「自分のスイングをするだけだった」。左翼席にキング独走の逆転43号3ランを突き刺した。

 予告ホームランだった。「9試合で6本打つ、と奥さんに言っていた。何となく打てるなと」。9連戦は雨で1試合流れたが、15日のソフトバンク戦(メットライフ)で沖縄から来た祖父母と妻を前に2発を放つなど、3試合連発を含む最近8戦6発。「本当に打ててよかった。(連戦で)全部勝てたのは自信にしたい」。目標を上回る量産で開幕以来の8連勝を呼び込んだ。

 辻監督は「体を開かずによく我慢した。源田も助けられた」。9回無死一、二塁で2番が送りバントを失敗したが、主砲の一発で帳消しにした。

 打線は03年の球団記録にあと1試合と迫る8試合連続2ケタ11安打。チームは06年以来の80勝に到達し、02年以来の貯金30を積み上げた。マジック7に「意識していない。1個ずつ減らしたい」と山川。10年ぶりの優勝で祝砲を打ち上げる。(山崎 智)

プロ野球
注目トピック