【阪神】2軍が8年ぶりV 矢野監督を胴上げ

2018年9月22日23時51分  スポーツ報知
  • 胴上げされる矢野2軍監督

 阪神2軍がウエスタン優勝を決めた。マジックを1として迎えた広島戦(由宇)は0―4で完封負けを喫したが、2位・ソフトバンクもオリックスに負けたため、8年ぶり16度目のVが決定した。

 広島戦の終了から1時間半後、ソフトバンク敗戦の知らせを受けた選手、コーチが再びグラウンドに集結。矢野燿大2軍監督(49)を6度、胴上げした。

 就任1年目の矢野監督が掲げたスローガンは「超積極的」。チーム盗塁数はウエスタン記録を更新する160個(22日現在)で、昨年の89個を大きく上回った。ルーキーの熊谷や島田に「失敗してもいい。大事なのは行こうとする気持ち」と積極性を求め続けた。

 「超積極的が確認できた1年だった」と矢野監督。2006年以来5度目のファーム日本一を目指し、10月6日に宿敵・巨人とファーム日本選手権(サンマリン宮崎)で初めて顔を合わせる。(長尾 隆広)

プロ野球
注目トピック