【中日】森監督、北海道地震の募金活動で善意呼びかけ「できることしかやれねえだろ」

2018年9月23日13時14分  スポーツ報知
  • 募金活動を行う(右から)森監督、福田、堂上 

 中日選手会が23日、ナゴヤドーム施設内で北海道胆振東部地震被災地への義援金募金活動を行った。ヤクルト選手会を代表して石川、星も参加した。

 中日からは松坂、笠原、亀沢、福田、堂上に加え、選手会のメンバーではない森繁和監督(63)も笑顔とハイタッチで善意を呼びかけた。

 昨年の九州北部豪雨や、今年7月の西日本豪雨の際の募金活動など、常に“フル稼働”の指揮官は、「できることしかやれねえだろ」とカッコいいセリフ。選手会長の福田も「できることはやりたいと思う。限られているとは思いますが協力できれば」とプロ野球選手として意義を強調していた。

 募金活動は24、25日もナゴヤドームで両球団選手会が行う予定。

プロ野球
注目トピック