【DeNA】ラミレス監督、3位争い評価で続投正式決定も「私が変わらないといけない」

2018年10月11日6時0分  スポーツ報知
  • 最終戦を終え、ファンの声援に応えるラミレス監督

 ◆阪神2―1DeNA(10日・甲子園)

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)の来季続投が10日、正式に決まった。今季最終戦となった阪神戦(甲子園)後に南場オーナーから正式に要請され、受諾。1年契約で来季が4年目となる。

 就任1年目から2年連続でCSに進出。昨季は3位から日本シリーズに進出するなどチームは成長、今年も苦戦しながら9月に巻き返し、残り1試合まで3位争いを演じた点などが総合的に評価された。南場オーナーから「ポリシーを持って戦い抜いてくれた。結果を学びとして来年お願いしたい」と要請を受けた。

 最終戦は、最後に7者連続三振で1点差負け。ラミレス監督は「私が変わらないといけない。コーチ陣と私の間にギャップがあった」と反省。チーム一体となってのリーグ優勝を誓った。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ