【侍ジャパン】稲葉監督「五輪を見据えて」日米野球に11人を初選出…インタビュー(1)

2018年10月11日19時0分  スポーツ報知
  • インタビューに応じた稲葉監督

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が11日、インタビューに応じ、11月に開催される「2018 日米野球」での構想を語った。10日に発表した28選手のうち、11選手がトップチーム初選出。各選手への期待や起用法について聞いた。

 ―今回の選考の狙いは。

 「基本的には五輪を見据えてですね。その中で経験のある『ジャパンというのはこういうものだ』と伝えてほしい選手を入れました。あとは、若い選手で日の丸を背負って戦う経験をしてもらって、五輪に向けてステップアップしてほしい選手を入れました。経験ある選手と若い選手の融合チーム。日米野球は球数制限があるので投手を14人入れた。捕手を3人入れたので野手11人の中で8ポジション(DH含む)。6試合あるので元気な選手、シーズン中にケガした選手は休んでもらおうという中で選考した」

 ―巨人の坂本勇が選外。コンディションも考えて?

 「メンバーに入った選手の中にシーズン中にけがした選手もいますけど、選考はコーチと悩んで、メンバーはバランスを整えないといけないという中で決めました。成績を残した選手だけでもいけないし、悩み抜いて決めました」

 ―ユーティリティーを重視する考え。違うポジションを試す可能性もある?

 「全くやってないポジションを試そうとは思っていません。少しでもやったことあるなら試そうかな、と思っています」

 ―西武の森は外野の経験もある。

 「森くんに関しては今年、捕手として成長を感じる。リード面でも頑張っているのを感じたので、捕手としてと考えています」

 ―森、会沢と打てる捕手が2人入った。

 「捕手も打てた方がいい。打撃は大事なこと。森選手、会沢選手は打撃もいいし、リード面でも両チームを優勝に導いた捕手ですからね」

プロ野球
注目トピック