【西武】山川、疲れ知らず2戦連発「いい状態でこのまま臨めるかな」

2018年10月12日6時0分  スポーツ報知
  • 初回に先制の2ランを放った後にポーズを決める西武の山川(カメラ・小林圭太)

 ◆フェニックス・リーグ ソフトバンク2―6西武(11日・南郷)

 47本塁打でキングを確実なものにしている西武・山川が、みやざきフェニックス・リーグのソフトバンク戦(南郷)の初回、2戦連発となる推定130メートルの先制2ランを放った。

 秋山、源田、浅村ら主力組が途中交代する中、山川は「調整の仕方が分からない。とにかく実戦の打席に立つ」とフル出場。「見えたところに素直にバットが出ている。いい状態でこのまま臨めるかな」と、大砲は疲れ知らずだった。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)