【阪神】メッセンジャーが帰国 金本監督の辞任に「いまだに信じられない」

2018年10月12日16時8分  スポーツ報知
  • 関西空港から帰国した阪神・メッセンジャー

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が12日、関西国際空港から米国へ帰国した。11日に今季限りでの辞任を表明した金本知憲監督(50)について「いまだに信じられないです。非常に残念です」と率直な思いを口にした。

 来日9年目の今季は、28試合に登板し11勝7敗、防御率3.63。「やっぱり振り返ればこの一年はたしかに色々とツキのない、不運ばっかりのシーズンでしたけど、個人的には3つのこと(本での通算1500投球回、NPBの外国人歴代最多の通算7度目の2ケタ勝利、8年連続8度目のシーズン100奪三振)はなし得たと思っている」と今季を振り返った。

 今年4月に出場選手登録が8年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たしたメッセンジャーは、来季からは日本人扱いとなる。また、日米通算100勝まで、あと1勝としている。

プロ野球
注目トピック