【ロッテ】丸佳浩に4年20億円用意へ 千葉県出身FA権取得

2018年10月13日6時0分  スポーツ報知
  • 広島・丸佳浩外野手

 ロッテが、国内フリーエージェント(FA)権を取得している広島・丸佳浩外野手(29)の本格的な調査に乗り出したことが12日、分かった。2年連続Bクラスからの巻き返しへ、手薄な「外野」と「主軸候補」という2つの補強ポイントと合致しており、丸がFA宣言した場合には4年総額20億円の好条件を用意し、獲得に名乗りを上げる公算が大きくなった。

 井口政権1年目の今季は1試合を残して59勝80敗3分けの5位。主軸には中村、井上が定着した一方でチャンスに強い打者が少なく、得点圏であと1本が出ないという場面が何度も見られた。チームは12球団最少の78本塁打と長打力不足が顕著。今季39本塁打、97打点のコイの大砲は来季で30歳と若い点も大きな魅力だ。

 丸は千葉・勝浦市出身。高校は千葉経大付と、地域密着を掲げる球団にとってはノドから手が出るほど欲しい人材だ。球団は06年に千葉出身の日本ハム・小笠原(現中日2軍監督)の獲得を目指したが、断念した。しかし、当時とは違い今季は球団の経営も好調。球団単体では初の黒字化も見込まれており、その利益分を補強費に充てる計画もある。

 球界を代表する左の強打者がFA権を行使すれば争奪戦になるのは間違いない。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)