【阪神】オリからFA表明の西へ 谷本副社長「出来るだけ早くコンタクトを取りたい」

2018年11月7日16時35分  スポーツ報知
  • オリックス・西

 阪神・谷本修球団副社長兼本部長(54)が7日、オリックス・西勇輝投手(27)へ早速ラブコールを送った。西が国内FA権の行使を正式に表明したことを受け「出来るだけ早くコンタクトを取りたい。誠意を見せて頑張りたい」と若き右腕の獲得へ意欲をみせた。

 早くから西の動向に注目していた阪神。今季、開幕投手を務め2年ぶりの2ケタ10勝に到達するなど多彩な変化球を駆使したクレバーな投球を評価。通算5度の2桁勝利の安定感と27歳という若さも魅力の一つで、今オフ最大の補強ポイントにしていた。「今年は先発陣の防御率が悪かったのが昨年と違って痛手だった。そこの補強は必須」と同副社長。矢野監督が出馬しての交渉を問われると「うまく合えばですね」と日程次第では、指揮官同席で行われることにもなりそうだ。

 阪神の他に、ソフトバンクや中日、DeNAが興味を示しており、複数球団による争奪戦は避けられない。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)