【侍ジャパン】柳田が2試合連続アーチ!左中間に2ラン「しっかり自分のスイングができた」

2018年11月10日19時39分  スポーツ報知
  • 3回1死二塁、2ランを放ち二塁走者・源田(右)に迎えられる柳田

  ◆日米野球第2戦 全米―日本(10日・東京ドーム)

 ソフトバンクの柳田が2試合連続弾を放った。3回に1死二塁から迎えたこの日の第2打席だった。初球、高めにきたカーブを見逃さず、フルスイング。打球は逆方向に伸び、左中間スタンドに突き刺さった。2試合連続の衝撃弾で、そのパワーをMLBベンチに見せつけた。

 1打席目も、初球を先制の左前適時打にした侍ジャパンの4番。序盤ですでに3打点目を挙げた。

 前日も3点適時二塁打を放っている西武の秋山も安打製造機ぶりを発揮した。この回先頭の楽天・田中和が四球で出塁して、すかさず盗塁を決めて無死二塁の場面で迎えた打席。カウント1―1から高めにきたチェンジアップを強振し、右中間を破るタイムリー三塁打とした。

 ソフトバンク・柳田「(初回に先制のタイムリーヒット)最初のチャンスだったので、どんどん振っていこうと思って、打席に入りました。打球が飛んだコースも良かったですが、(1死から二塁打で)チャンスを作ってくれた(西武)源田のおかげだと思います。(3回に追加点となる左中間2ラン)しっかりと自分のスイングができて良かったです」

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)