【楽天】藤平、オフテーマは直球精度向上 スピード回転重視

2018年11月11日6時0分  スポーツ報知
  • タイヤを引いてダッシュする藤平

 楽天の藤平尚真投手(20)は10日、オフのテーマに直球の精度向上を掲げた。スピードと同時に、その回転を重視。「コーナーに投げたときにシュートやカットしない」真っすぐを求め、投げ込んでいく。

 武器を増やすのではなく、今ある武器を強化していく。「バッターが嫌がるボールを投げたい。まずは真っすぐがよくないと、他も生きない。真っすぐをいい質で投げ込めたら、バッターも嫌だと思う」と説明。ピッチングの軸となる、質の高い直球を追求する。

 楽天生命パークでの秋季キャンプ2日目は、ダッシュや反復系の厳しいメニューを消化。「きつい練習でも最後までしっかりやり切れば、試合できついときに生きると思う。声を出して盛り上げていきたい」。3年目を飛躍のシーズンにするため、妥協せず体を追い込んでいく。(山口 泰史)

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)