【阪神】矢野イズムは前政権方針から180度転換「遊び球なんか基本的にいらん」

2018年11月11日6時0分  スポーツ報知
  • 即席サイン会をした阪神・矢野監督

 阪神・矢野燿大監督(49)は10日、高知・安芸秋季キャンプでの11日の紅白戦初戦を前に「3球勝負」推奨令を出した。金本政権下の今季は一部首脳陣の指示で2ナッシングからは1球外すことが徹底されていた。「超積極」野球でファームを日本一に導いた新指揮官は、守備面でも攻撃的な改革に乗り出すことになった。

 前政権とは180度違う方針だ。「ピッチャーもどんどん勝負すればいい。2ストライクを取っても遊び球なんか基本的にいらんと思っているから」と言い切った。今季は、2ストライクから痛打されることを嫌い、一時は投手が打席でも捕手はボールゾーンに構えるほど徹底されていた。だが、現役時代に強気のリードで鳴らした矢野監督は、リスクを恐れない攻めの配球をバッテリーに求めた。

 今季指揮した2軍では「超積極的」をスローガンに掲げた。初球スイングを勧め、走塁面でも失敗を恐れずに163盗塁のウエスタン新記録を樹立。「来年もそうやってやりたいと思っているよ」と1軍でも矢野流を貫くことを宣言した。(島尾 浩一郎)

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)