【阪神】上本、FA行使せず残留へ

2018年11月14日6時0分  スポーツ報知
  • 上本

 阪神の上本博紀内野手(32)が国内FA権を行使せず、単年契約で残留することが13日、決まった。

 FA申請手続きの最終日となったこの日、球団に意思を伝えた。今季は5月に左膝前十字靱帯(じんたい)を損傷して再建手術を受け、6月からリハビリ。球団からの複数年契約の打診を固辞した上本は「しっかり足を治して、今まで通り全力でやっていきたい」と来春の復活を誓った。

プロ野球
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ